最近、Belt Technologies, Inc.は工業オートメーションと包装システム製造を専門とする米国のOEMからお問い合わせを頂きました。 このお客様はジップタイ生産オートメーションシステムの一部として既存設備に金属コンベヤベルトを統合するために、設計と製造に補助が必要でした。 金属コンベヤベルトに支援が必要であることが明らかになったとき、彼らはBelt Technologiesに設計のフィードバックと技術サポートを求めました。

独自のシステム課題に金属コンベヤベルト専門家からのインプットが必要になる時

当システムの目的は、生産ラインの一部として、プラスチック製ジップタイのグループを複数工程に運ぶことでした。 OEMは生産中、ジップタイを移動しながら、システムのカスタム搬送機器を受け入れるベルトを必要としました。

ジップタイはまずネストとして知られるグループ化のために収集されます。 検査され、インデックスされたネストはタイを分離するレーザーカッターに送られます。 余分なプラスチックなネスト化されたジップタイから排除され、主要ベルトの穴から第2ベルトに落とされ、再利用または廃棄のために運ばれます。 ジップタイは次の生産工程に進みます。

設計サポートとコラボレーションがカスタマイズされたオートメーションソリューションを創造

Belt Technologies にお問い合わせされた顧客はオートメーション製品設備に豊富な経験を持っていました。 顧客が設計した特殊な搬送装置など、初期の設計はほとんど終了していました。 Belt Technologiesの技術者は顧客とネスト搬送機器のべルト結合や最も効率的にベルトトラッキングを補助する方法等の課題に取り組みました。

Belt Technologiesの設計サポートにより出来上がった最終製品は、落下用の大型穴付き301シリーズのステンレススチールコンベヤとジップタイを適切な位置に保つ特別な搬送機器アタッチメントでした。 余分なプラスチックを排出するダブルレイヤーシステムと正確なトラッキングは最重要項目でした。このためベルトに蛇行防止用のVガイド付き強制トラッキングが装備されました。

このプロジェクトには、新しい設計が現在構築中の生産ラインに首尾よく統合されました。 システムはまだ初期段階であるものの、製品の出来に満足したお客様は、すでにより長いジップタイの生産を取り扱う大型の製品を注文しました。

お客様のシステムの成功は私たちのプライオリティです

最も頻繁に聞かれる質問は、「なぜ金属ベルトなのか?」です。多くの生産機器OEMが産業オートメーションに関する課題がある時、金属ベルトの性質や効果に精通するBelt Technologiesの技術者に相談されます。 お客様は特定条件下において金属ベルトがどう動作するかについて弊社技術者のサポートを必要とします。 技術者がお客様と問題に取り組む時、最初のプライオリティは特定用途のニーズや要件に関する金属ベルトの利点について説明することです。

貴社のオートメーションシステム設計について豊富な経験を有する金属ベルト技術者にご相談しませんか? 本日、Belt Technologies, Inc.の専門家にお問合せください