スチールベルトの利点

スチールベルトの利点は、他の製品や材質にはないオプションを提供することにあります。 以下がその重要な特徴や利点です。

高強度重量比:

高強度、軽量、または両方が必要なあらゆる用途に利用できます。

耐久性:

スチールベルトは極端な温度、過酷な環境、真空状態に対し耐久性を発揮します。 薬品、湿度、腐食などに抵抗力を持つさまざまな合金により製作されます。 通常、エンジニアは物理的な性質、入手しやすさ、コストに基づいてベルト材質を選定します。

潤滑の必要なし:

チェーンと違い、スチールベルトは単一構成のため、潤滑を必要とするような構成部品の摩擦を生じません。 このためメンテナンスの必要性が低く、高い信頼性とクリーンなシステムを持続できます。

非伸縮性:

スプリングシートの高い弾性係数のため、スチールベルトは他のベルトタイプやチェーンと比べ、ほとんど伸縮性がありません。 このため高い精度の位置決めが必要な用途に理想的なパフォーマンスを提供します。

スムーズな運用:

スチールベルトは他のベルトタイプやチェーンに見られる弦振動がありません。 その結果、高精度の動作制御が可能です。

正確かつ反復可能:

金属製のタイミングベルトは±0.0005インチのステーション間のピッチ精度を実現するように製作されます。 この高精度はインデックス、位置決め、加工設備の設計に大いに役立ちます。

良好な熱伝導性と電気伝導性:

スチールベルトは熱、冷却、電気エネルギーを伝導します。

静電気の蓄積なし:

スチールベルトは静電気の放電という、集積回路や表面実装型デバイスなどの電子部品製造に重要な性質を有しています。

クリーン:

スチールベルトはHTDや平坦なネオプレンベルトと違い、微粒子を発生しないため、食品や薬品の製造に理想的です。

クリーンルームへの適合性:

スチールベルトは潤滑油を必要とせず、クリーンルーム環境に異物を誘引する埃を発生しません。 また加圧滅菌器を使い、殺菌できます。

精密な構造:

滑らかなエッジを持ち、厳密な寸法公差により製作されています。