最近、Belt Technologies, Inc.はラピッドプロトタイピングから完全生産まで行うオンデマンド3D印刷サービス供給会社から3Dプリンターについてご相談を受けました。このプロジェクトは高真空・高温環境の印刷プロセスにおけるプリンターカートリッジのリニアモーションに関することでした。

設計チャレンジ:高熱、高テンション、高真空

プリンターカートリッジは2本の平行のレ―ルにより支持されています。3D印刷中、プリンターカートリッジは印刷される部品を製作するために、薄い素材のレイヤーを塗布するために前後に動きます。これにはスムーズで正確なプリンターカートリッジの動きが必要となりますが、以下のような問題がありました。

  • 小径のプーリー
  • 高テンション/高負荷
  • 高真空
  • 高温

プーリー径は金属ベルト設計に考慮すべき重要な要因です。プーリー径とべルトの厚さは、ベルトの寿命を短縮する曲げ応力を避けるために適切な割合を維持しなければなりません。理想的なプ―リー径対ベルトの厚さは625:1です。この用途の場合、平均より小さなプーリー径を必要とするため、特別なソリューションが必要でした。

またこの用途には高精度と耐高温性が要求されました。弊社の技術者はこのような3D印刷用途に剛性、耐高温、クリーンさを提供する熱処理済みステンレス鋼、17-7CH900により製作されるベルトを推奨しました。またプーリーは304ステンレス鋼により製作されました。

全用途用のカスタムプーリーソリューション

顧客はシステムモデルと必要な負荷情報に関する詳しいプレゼンをテーション行いました。 情報入手後、私たちはプリンターカートリッジにリニアモーションを与えるドライブテープとプーリーを設計・製作しました。 弊社の技術者チームは17-7CH900 ステンレス鋼の有孔ドライブテープ、摩擦ドライブプーリー、パーフォレーション上の応力を削減するための幅の狭いタイミングアイドラプーリーを提供しました。
現在、ドライブテープとプーリーは順調に稼働しています。オートメーション生産用のカスタムのステンレス鋼コンベヤベルト、ドライブテープ、タイミングプーリーには、Belt Technologies, Inc.までお問合せください。