酪農場で搾乳ロボットのなかに立つ白黒模様のホルスタイン乳牛Belt Technologiesは、ユニークな産業用途に専門的なソリューションをお届けしています。 最近、弊社は酪農産業用に自動ロボット設備を製造するOEMからお問い合わせをいただきました。 このお客様は、ロボット搾乳アームの金属バンドに発生した問題について金属ベルトの専門家を探していました。

ロボット用ステンレススチールタイミングベルト、ドライブテープ、アクセサリー

ロボット用途にステンレススチールタイミングベルト、ドライブテープを採用する利点は数多くあります. これらは 強度重量比に優れ、実質的に伸縮性がなく、潤滑が不要です。また バックラッシュがほとんどゼロのため、繰り返し精度を最大限確保できます。 Belt Technologiesは以下を含む無数のロボット用途に金属ドライブテープを製造しています。 医薬用途、包装、産業オートメーションおよびロボットアームアクチュエータ

弊社の金属ドライブテープ およびタイミングベルトは、弊社のエンドレス金属コンベヤベルトと同じ高品質のステンレススチール材質を使用して製造されています。 ドライブテープとタイミングベルトは全てカスタム穿孔パターン、位置決めピン、エンドタブ、付属品など必要に応じてカスタマイゼーションが可能です。 これらは、設備の耐用期間を通して位置精度を維持する目的に理想的です。

技術と設計サービスサポート

猫の匂いを嗅ぐ搾乳中の牛このお客様の設備には、視覚ガイドシステムを使用して、乳牛の乳房にやさしく接続されるよう設計された搾乳装置を制御する8インチの接合部を持つ約90センチの長さのロボットアームが搭載されていました。 この装置が乳牛を搾乳し、低温殺菌の前に動物の健康を確認し、乳製品の品質を評価するプロセスシステムに乳製品を送ります。

自動搾乳システムは、1200匹以上の乳牛を持つ大規模な酪農場を支援するために設計されました。 このような大規模な農場を持続するには、高い耐久力と精度が必要です。 残念ながら、この機械アームを動かす金属バンドのジョイント部に不具合があり、またトルクが高いため、高い不良率が発生していました。 Belt Technologies は、ベルトの寿命を延長するために、高い屈折負荷を取り除き、応力最適化分析を実施して総合的な応力を軽減し、アセンブリを再設計する 技術・設計サービスをお客様に提供しました。

ロボット用の金属ドライブテープとタイミングベルトに関する詳しい情報については、 本日、Belt Technologiesの専門家にお問い合わせください.