Belt Technologies named "World's Greatest." View our segment!

摩擦駆動プーリー

Idler pullet for metal belt system - Stainless steel system - Drive pulley end 摩擦駆動プーリーは、タイミングエレメントのない平面であることが一般的で、プーリー面にクラウニングを施すことは通常推奨されていません。その理由について詳しく知りたい方は、金属ベルトの力学に詳しい弊社のエンジニアまでお気軽にお尋ねください。適切なクラウニングには、フルラディアス、台形の2つの形状が使用されることがあります。 Low inertia pulley for steel belt system

フルラディアスクラウニング

フルラディアスクラウニングはベルトへの負担が少ないですが、機械加工が複雑であるため、コストがかかります。

台形クラウニング

台形クラウニングは費用対効果がより高いですが、クラウニングの平角間にある転移点の応力集中により、高いベルト引張荷重の必要な用途では避ける必要があります。この応力集中を一体化することは役に立つかもしれませんが、高い応力集中を排除することはできません。

その他の考慮事項

摩擦駆動プーリーは、幅の狭い胴体のロールとして設計できます。基本的に、幅の狭い胴体のロールとは、ロール上で動作するベルトよりも幅が狭いプーリーのことを表します。これにより、ベルトトラッキングを容易にし、プーリーの総重量とコストを削減します。このプーリーの表面は、通常はベルト幅の半分以上になります。

摩擦駆動プーリーについて詳しく知りたいですか??

お問い合わせ