摩擦駆動プーリー

摩擦駆動プーリーは通常、平面でタイミング要素がありません。一般的にクラウンプーリー面はお薦めしません。理由については金属ベルトの構造に詳しいBelt Technologiesのエンジニアにお問い合わせください。クラウンが適切な場合、全半径と台形という二つの形状が使用されます。全半径クラウンはベルトへの応力が低めですが、加工しづらく、高価です。台形クラウンは費用効率が高く、よく作動しますが、角度がついた平坦部分の間のクラウンの転移点で応力が上がるため、引張荷重が高い応用では避けるべきです。対策はこれらの点を曲げることですが、高い応力は無くすことはできません。

:摩擦駆動プーリーは幅が狭いロール向けに設計できます。基本的に幅の狭いロールは、その上を走るベルトより幅が狭いプーリーです。ベルトのトラッキングを容易にし、プーリーの総重量とコストを低減します。プーリー面は一般的にベルト幅の半分以下ではありません。