マニュアルトラッキング

プーリー軸調整:金属製ベルトシステムのプーリー軸調整は金属ベルトのトラッキングに最も効果的な方法です。 ベルト末端の張力は制御された方法で変更され、ベルトを操縦します。 このテクニックは平面プーリーとクラウンプーリーの両方に適用可能です。 駆動プーリーとアイドラープーリーの両方が調整可能な軸を持つことが理想的ですが、 実際にはアイドラープーリーだけが調整されます。駆動プーリーは通常、モーターやその他のトランスミッション装置とのインターフェースのために調整が困難です。

クラウン摩擦駆動プーリー:クラウン摩擦駆動プーリーを使用しなければならない場合、軸調整を伴います。 これはクラウンプーリーが金属ベルト上の中心で固定されないためです。 クラウンプーリーはベルトウェブがプーリーのクラウン面に適合しなくてはならないため、薄いベルトが最適です。 高い張力はベルトのプーリー面への適合のために使われますが、張力があまり高いとベルトに恒久的な変形を起こします。 クラウンプーリーの最適な形状は、クラウンがベルトの厚さ以上にならない全半径です。

強制トラッキング:不適切なトラッキングが単純な軸調整で修正されない場合、カム従動子やグラス繊維入りテフロン® フランジなどの強制的なトラッキング方法が必要です。 強制トラッキングテクニックはベルトの寿命を短縮することがあるため、通常推薦されるものより厚いベルトの使用など、システムデザインの変更も必要です。

幅広いベルトの強制トラッキングテクニックの代替方法として、金属ベルトの内周にVベルトを結合する方法があります。 Belt TechnologiesがMetrak©と呼ぶ、この二つのベルト要素はトラッキング応力を金属ベルトではなくVベルトに割り振るため、強制トラッキングシステムにおけるベルトの寿命を最長化します。