処方箋を薬剤師用自動錠剤ディスペンサーで調合Belt Technologiesは単なるコンベヤベルトシステムのみならず、多様で特殊な用途に ステンレススチールベルトをカスタム化する能力を備えています。 その1つの用途に医療機器大手のOEM用に製作した自動錠剤ディスペンサーキャビネットがあります。 これらの製品のディスペンサーは、錠剤を安全に保管する容器を収納するように設計されています。 適切な権限をもたない者により処方箋の錠剤が払い出されることを防ぐために、各容器は特殊な窓穴を持つ独自の金属ベルトで作られています。 これらの窓穴が容器内の錠剤へのアクセスを制限します。 窓を通して必要な投与量のみにアクセスできます。

ステンレススチールは医療用途に理想的です。


ステンレススチールはほとんどすべての 自動医療用途に最適な材質です 。医療機器と材質は衛生安全標準を保つために厳格に規制されるため、簡単に清掃し、腐食に耐えるものでなければなりません。



ステンレススチールの滑らかで不浸透性の表面は微生物や細菌の付着を予防します。
研究によると、
細菌はゴムやプラスチックの他のベルト材質ほどステンレススチールの表面に付着しません。 この性質はクリーンルーム環境に特に大切です。 ステンレススチールは高度な腐食耐性のため、高圧蒸気洗浄から化学洗浄など、それぞれの用途に適切な洗浄方法で清掃可能です。 またステンレススチールべルトは微粒子を生じたり、潤滑を必要としないため、汚染予防が重要な用途に最適です。

正確なカスタムパーフォレーション(穴あけ)を実行


これらの自動錠剤ディスペンサーの容器は、化学的にエッチングされたカスタムのパーフォレーションのパターンを持つ金属ベルトを装備しています。 大型の「窓」穴は、正確な投与量にアクセスできるように設計されています。 これらは操作する人の手を傷付けない曲面を確保するために、窓の外縁を「曲げる」2番目のプロセスに送られます。 ベルト末端の小穴パターンは、光学位置決めシステムの一部として使用されます。 自動システムはこれにより開かれた容器、開いた人、1日に開かれた回数を追跡します。

Belt Technologies は特殊用途の金属ベルトを生産します。


当初、容器内の限られたスペースのためにベルトの設計と生産が困難でした。 プーリーも非常に小型で、薄型のベルトが必要でした。 当社のエンジニアはこれらの問題を乗り越えて、顧客の設計を十分満足するベルトを製作しました。 結果、幅 3.770” (9.58 cm ) x 厚さ 0.005”( 0.013 cm)、長さ(112.62 cm ) のベルトが出来上がりました。 このベルトは硬質ステンレススチール301、302、304、316など様々な等級のステンレススチールで製作されました。 当社は購入病院のニーズに従って、多様な形態の自動錠剤ディスペンサーを製作します。 Belt Technologiesは1度に平均200枚のベルトを生産します。



Belt Technologiesのエンジニアは多岐にわたる用途にステンレススチールベルトを製作する知識と経験を有しています。お客様はステンレススチールのメリットを利用できる独自の自動化システムをお持ちですか? 詳細に関しては本日弊社にお問い合わせください。