最近、あるお客様がオートメーションシステムについて支援を求めるためにBelt Technologiesにいらっしゃいました。 このシステムは生検用のバイアル瓶搬送コンパートメントが内蔵されたタイミングベルトを使用していました。 タイミングベルトはバイアル瓶を冷凍倉庫システムに搬送します。 試料を使用可能な状態にするには低温を保つ必要があるため、ベルト材質は


寿命が短く、頻繁な交換と保守が必要でした。


タイミングベルトの


設計時、


特に極端な温度が関わる場合、最適なパフォーマンスを達成するには、ベルト材質の性質を考慮しなくてはなりません。 Belt Technologies は、正確なタイミングを必要とする高温/低温オートメーション用途における長年の経験と専門知識に基づいて、お客様のタイミングベルトに適切な材質をお薦めします。

ステンレススチールの独特な性質で極端な高温/低温問題を克服


極端な温度はオートメーション設備の寿命を短縮し、損害を与え、頻繁でコストの高い調整や交換、または修理を必要とすることがあります。 プラスチック、ゴム、布などの材料は高温に露出されると歪みや燃焼が生じ、崩壊することがあります。 極端な低温下では、ベルト材質が縮小、または脆弱化し、最終的にはベルトが破損します。 極端な温度環境の継続的なストレスに耐える材質を選ぶことで、損害を予防し、運用効率を維持することができます。


ステンレススチールにはオートメーション生産に有益な性質が多々あります。


有益な性質の一つに、ステンレススチール合金には極端な温度下でも歪みまたは破損を生じない低い熱膨張率があります。 当社のエンジニアはお客様の用途に最も効果的なステンレススチール等級を選択します。 極端な高温には、1,600度まで抵抗性があるInconelという材質をお薦めしています。


°


F. その他のオプションとして、400度の温度まで歪みに抵抗性を持つInvar 等をお薦めしています。


°


F.


タイミングベルトを設計する時、温度の材質への影響を補償し、正確な割り出しや位置決めを確保するために考慮することが幾つかあります。 当社のエンジニアは材質が温度により縮小または拡大する時にも、ベルトが適切な張力や製品位置を保持することを確認します。

経験豊富なエンジニアが提供する材質と設計アドバイス


Belt Technologies は極端な温度環境で以下のような正確なタイミングを必要とする用途に対応する豊富な経験があります。


  • 割り出し機構による調理/冷凍用途

  • 半導体生産

  • クリーンルーム環境と真空チェンバー

  • 食品加工用の調理オーブン

  • 電球生産などに使用されるガラス用アニールオーブン

  • CNC 切断テーブル (プラズマ、レーザー、ウォータージェットなど)


医療品メーカーは生検用の搬送システムに精度の高い、耐熱性のあるタイミングベルトを求めていました。 生検試料は長距離搬送され、正確に開始地点に戻る必要がありました。 Belt Technologiesの専門家チームは300シリーズ標準ステンレススチールタイミングベルトにベルトを交換することをお薦めしました。 300シリーズステンレススチールタイミングベルトは、お客様のオートメーションシステムの温度条件下でも精度の高い張力を保つために、ベルト位置は常に一定で正確です。


Belt Technologies は極端な温度下で作動するタイミングベルトに専門的な設計と技術アドバイスを提供いたします。




当社のエンジニアは豊富な経験により、質の高い材質と適正なステンレススチール等級を推奨し、お客様のオートメーションシステムが円滑で効率よく機能し続けることを確認いたします。 高温・低温用途のステンレススチールタイミングベルトに関する詳細については


本日、Belt Technologies にお問い合わせください。