食品生産オートメーションに理想的な金属メッシュコンベヤベルト

金属コンベヤベルトの独自の性質は食品加工産業に理想的ですいかなる食品加工工程にも適応できる汎用性があります。従来のベルト材質に比較してステンレススチール製のべルトはガスを放出せず、食品の味に悪影響を与えません。金属コンベヤベルトは潤滑を必要とせず、製品の味を損なう微粒子を発生しません。耐食性があり、化学溶剤または強力な蒸気で簡単に消毒できます。

食品加工産業におけるステンレススチール製ベルトの最大の利点は極端な温度に耐えられることです。これは原材料の調理や冷凍を必要とする食品加工に理想的な特徴です。エネルギーを熱として伝導する能力があるため、食品が完全かつ均一に調理されます。オートメーション生産施設は金属ベルトコンベヤを利用することで、味や安全性を犠牲することなく、最高の生産速度と精度を実現します。

製造問題によりオートメーションの加工工程に遅延が発生する

冷凍ピザの生産会社が最近、Belt Technologiesに相談を持ち掛けました。彼らはBelt Technologiesの金属コンベヤベルトをオートメーションの加工工程に使用していました。ベルトは当社で製作され、顧客が選択した機械メーカーに送られました。第三者の機械工場がベルトに穿孔し、それをピザ生産システムに取り付けました。

 

ベルトはBelt Technologiesにより高強度を持たせるために75度の角度で溶接され、機械工場によりベルトの端に3.1mm径、51mmピッチの穴が開けられました。設置されたベルトは摂氏240度の高温で調理を行う工程にピザを搬送するために使用されました。

残念ながらベルトは長さ全体で歪曲し、溶接継手で破損してしまいました。顧客は原因を発見するためにBelt Technologiesの専門家に問い合わせました。

適切なパーフォレーションテクニックが違いを作る

弊社エンジニアは歪曲問題と溶接接手で破損する問題を解決しました。彼らは第三者機械工場による不適切なパーフォレーション(穿孔)テクニックが損害を起こしたことを発見しました。
穿孔された金属ベルト

多くの機械的なパーフォレーションテクニックが外部の機械工場で行われますがハイインパクトのためにベルトに不要な応力を与えます。これらのテクニックを使用する時、ベルトが「飛び出し」たり穴から亀裂を発生させないために、いくつかの対策を正確に実施することが必要です。このような問題が起こることが予想される時、Belt Technologiesは機械的、化学エッチング、レーザーテクノロジーなどを含む専有のパーフォレーション方法を用います。これらの方法はベルトの健全性を確保するために穿孔に高温の熱や化学反応を使用します。

Belt Technologiesはそれぞれの用途に合う製造技術と素材だけを使用します。弊社が設計する金属ベルトコンベヤは、常にお客様の用途に合わせてカスタムメードされます。ご質問、見積り請求には本日ご連絡ください!