幅広ベルト

Belt Technologies 幅広ベルト:独自のコンビネーション

Belt Technologies Inc. は世界のさまざまな産業の専門プロジェクトに多種類の金属ベルトとコンベアを製造してきました。
多様な用途が要求されるスチール製コンベアの専門家として、当社は個々の顧客のプロセスや技術要件を満足するターンキー・カスタマイズ・ソリューションをお届けするために設備サプライヤーとコラボレーションを行います。
当社を他のべルト製造会社から傑出させる特徴に0.076 mm – 0.4 mmの素材を使用した幅広ベルトを製造するという独特な強みがあります。 従来の幅広ベルトは1mm以上の厚さがあるため、800mm以上のプーリー直径が必要となります。 薄い素材はコスト節減や他の設備に対する競争的優位性など、顧客に重要な利点を提供します。

  • Belt Technologiesの独自の優位性は非常に薄い素材(厚さ0.076 mm~ 0.4 mm) を幅広い (最高900 mm)製品に適用する能力にあります。
  • 薄いスチール素材を利用することでプーリー直径を縮小することが可能です。これにより空間を節約し、設備全体の設置面積を縮小し、慣性を低減することで駆動システムのコストを削減し、システム稼働のエネルギー消費を節約します。
  • 素材の厚さを抑えることで熱交換性を改善し、食品の調理など多くの用途における熱問題を解決します。
  • 設置面積を縮小することで、エンドユーザーは冷凍食品や冷蔵エリア等の加工現場で重要な省スペースを実現します。
  • 薄く軽い素材を使用することで、ベルト張力やトラッキングデバイスの問題の簡素化につながります。
  • 薄いステンレススチール製の幅広ベルトは、プラスチックやゴム製ベルトよりもはるかに迅速な清掃・消毒が可能です。容易なアクセスを可能にし、複数シフトの操業に重要である常に利用可能な状態を確保します。 清掃時間を短縮するために水の消費量を抑え、マイルド洗剤や洗浄剤を少量使用するだけで済み、コストと環境にやさしい製品です。
  • 薄型ステンレススチール製のワイドベルトは多岐多様な用途に利用できます。
    薄型スチールベルトシステム-スチール製ベルトコンベヤ
  • 鋳造用途のコーティング付きワイドベルト
    テフロンコーティング付きラミネート加工用金属製ベルト-スチールベルトコンベヤ
  • 異なる温度下で使用できる食品用途のステンレススチール製ワイドベルト。
    ベーキング用途のスチールベルト-シーフード加工用ステンレススチールベルト
    チョコレート生産用スチールベルト-食肉加工用スチールベルト
  • 薄い素材を使用することでトラッキングデバイスをさらに効果的に利用。
    トラッキング用Vガイド付きステンレススチールコンベヤ

食品関連用途におけるステンレススチールコンベアの有利性

ステンレススチールは合金元素が環境と相互作用を行うため、錆が発生しません。 ステンレススチール合金に含まれる鉄、クロム、マンガン、シリコン、炭素、そして多くの場合、かなりの量のニッケルとモリブデンが酸素と反応し、非常に薄い耐食性被膜を作ります。 この被膜は外部の作因(酸素/水)と金属表面との間でバリアーとして働き、腐食を最小に保ちます。 食品用途のステンレススチールコンベアは、食肉や魚の切断と脱骨、アイスクリーム生産、ケーキとクッキーのベーキング、フルーツと野菜の加工、ペットフード製造、その他の食品関連用途で最先端のテクロノジーの座を保っています。

下記に見られるようなBelt Technologiesのコーティング付き幅広ベルトを使用する用途では、スチールの熱性質が使用の鍵となります。 この用途では極端な高/低温、湿度などさまざまな条件で熱を伝導しながら稼働するベルトの能力を示しています。