最近、機械製造会社が高速自動コンベヤシステムの設計と製造についてBelt Technologies にお問い合わせされました。 長年のエンジニアリング経験を有するこのお客様は、国際市場用リチウムバッテリーを製造するOEMのために新しい設備を開発していました。

困難な運用条件が独自の問題を提示する


自動コンベヤシステムはバッテリーの構成部品を工程に搬送するために設計される予定でした。 8 x 10インチの


カレンダー処理された


ペーパーカードを




リチウムフォイルと整列させた状態で




それぞれ独自の問題を抱える一連の工程に搬送される予定でした。

位置精度と正確さの維持


最初の問題は精度でした。 カレンダー処理されたカードは各製造ステージに正確に割出しされる必要がありました。 インデックスベルトは高精度アプリケーションでは高スピードである1秒当たり1フットで移動しなければなりませんでした。 実質的に非伸縮性で精度の高いステンレススチールはこのアプリケーションに最適な材質でした。


Belt Technologiesのタイミングとインデックスベルト


はステーションからステーションまでのピッチ、±0.0005 インチという高精度で製造が可能です。

繊細な材質の取扱い


2番目の問題は取扱いでした。 位置精度を維持するには、繊細なカードをベルト上で正確に配置しなければなりません。 リチウムバッテリーの製造システムの末端には、100ポンド以上の力を出す冷間ローラーがありました。


.


製品を固定するためにベルト付属品を使用することがありますが、この場合、冷間ローラーに干渉するという問題がありました。 この干渉を避け、ベルト上での動きを予防してカードをなるべく正確な位置に保つために、当社は


製品を真空吸引で固定することにしました。


.


本システムのステンレススチールベルトは化学的に穿孔され、お客様が指定したパターンにカスタマイズされます。工程中を移動する間にカードを固定するために、正確な真空吸引に必要な数の孔が製作されました。

潜在的な腐食環境と温度変化


3番目の問題は環境でした。


リチウムバッテリー製造は湿度を1%から10%で維持する特殊な除湿システムを持つ「ドライルーム」で行われます。リチウムが水分に露出されると反応により設備と作業者の両方に有害な腐食した化学副産物が生じます。


さらにシステムに水分が侵入すると、工程の1部分にある冷間ローラーに結露が生じます。


ステンレススチールは潤滑を必要とせず、微粒子を発生しないため、この用途に理想的な材質です。 また腐食や極端な温度に高い抵抗性があります。 水分汚染が発生する場合、ステンレススチールコンベヤベルトは腐食性薬品から製品を守ります。

ベルトエンジニアがいかなるオートメーション問題も解決します


Belt Technologiesエンジニアはカレンダー処理されたカードを固定するために、穿孔されたステンレススチールインデックスベルトで構成される高品質のオートメーションシステムをお客様にお届けしました。 ステンレススチールの高い腐食抵抗性、精度、およびクリーンな運用により、このプロセスは大成功を収めました。 オートメーションシステムにステンレススチールコンベヤベルトの使用をご検討中、または詳しい情報が必要なお客様は


本日、Belt Technologies の専門家お問い合わせください


.