最近、以前のプロジェクトのお客様が問題についてご相談されました。 当社のエンジニアはこのお客様に
生産と電気コネクター用のコンベヤベルトをお届けしました。
. しかしベルトのシステム取り付け後に問題が発生したため、お客様は原因調査に支援が必要になりました。 当社のチームはベルトの故障点検を行い、恒久ソリューションを提供するためにこのお客様のメキシコの施設を訪問しました。

寿命が短くなったベルトの故障点検


Belt Technologiesによる金属コンベヤベルトとカスタム付属品付きコンベヤシステム。当初、Belt Technologiesは組み立て中に電気コネクターを固定する独自のネスト型付属品をサポートするカスタムのステンレススチールコンベヤベルトを製作しました。 ベルトはその後他の業者に送られ、カスタム冶具が取り付けられました。 個々の冶具にはかなりの重量があり、各冶具が1.45ポンド(約658グラム)の重量があり、合計48個ありました。 プーリーの寸法のため、相対的に薄いベルトでした。 しかしステンレススチールの高い比強度のため、寿命初期の段階で冶具の重量によりベルトが故障することはありません。



Belt Technologiesのエンジニアは、設置のセットアップを補助するとともに、ベルトの寿命を延長するソリューションを検討するためにお客様の施設を訪れました。 当社のエンジニアがシステム作動を観察したところ、ベルト上の冶具とシステム脚部のクリアランスが不足していることに気づきました。 冶具はプーリー付近を移動する際、脚部と接触していました。 誤った設置から生じたマイナーな整列問題と反復接触が弦振動を起こし、これがストレスになりベルトのパーフォレーションに添って破断を生じ、究極的に故障に至りました。

適切な張力とトラッキングソリューション


当社のエンジニアはダウンタイムとメンテナンスを削減し、生産性を高め、コストを節約するためにこの問題を調査し、調整を実施しました。 またお客様の従業員が
適切なトラッキングとベルト張力を確認できるようにトレーニングを行いました。
. ベルトに適切な張力を設定することで、ベルトの故障を起こしたプーリーとの整列問題を修正しました。 冶具とのクリアランスを十分とるためにシステムの脚部が調整され、ベルトに損害を与える反復接触を防止しました。

お客様のシステムの成功が当社の優先事項です


当社チームはお客様の施設で設備の作動を評価し、各要素を点検し、問題の原因を特定します。 Belt Technologiesにとって、お客様の自動化システムの成功が当社の優先事項です。 私たちはお客様のコンベヤベルトの寿命を延長するために 常に全力を尽くします。



お客様のコンベヤシステム用のカスタムステンレススチールベルトに関する詳しい情報については、 本日当社にお問い合わせください