金属コンベヤベルトのプーリとプーリの構成

メンテナンスによる停止時間を減らし、コンベヤの寿命を延長



金属コンベヤベルトのプーリは自動化されたコンベヤベルトシステムの設計に重要です。 プーリはベルトの動きの裏で駆動力として働き、トルクとスピードを生じます。 一般的にはプーリは 、フリクションドライブまたはタイミングプーリ(タイプIとII)という2つのカテゴリーに分けられます。 プーリに最も重要なのは精度です。 金属ベルトの性能はプーリの精度で決まります。 Belt Technologies により推奨されるほとんどのプーリは金属ベルトの駆動に適正な摩擦係数を使用し、 陽極処理アルミニウム(ハードコート)により製作されます。 ステンレススチールも使用できますが、コストが高く重くなりがちです。高い硬度が必要な用途には適しています。 お客様の用途に軽量なプーリが必要な場合、Belt Technologiesは最適な材質を選択します。

適切なプーリサイズと構成を選択することでコンベヤベルトの寿命と効率に大きな効果をもたらします。 Belt Technologies のエンジニアは、メンテナンス停止時間を最短化し生産量を最大化するために適切なプーリタイプ、径、構成を選択する豊富な知識と経験を有しています。





金属コンベヤベルトのプーリタイプ

Belt Technologies は金属コンベヤベルト用にカスタムプーリを設計し、システムが最高の効率で作動する構成をご提案します。 金属コンベヤベルトは通常、ステンレススチールで製作されますが、プーリはアルミニウムや色々なプラスチック複合材など様々な材質で製作できます。 システム独自のニーズに従ってプーリはカスタムのタイミングパーツ、逃がしチャンネル、その他の付属品を装備することができます。





ISP (Independent Steerable Pulley(独立操縦プーリ))

独立操縦プーリはベルトに対するプーリーの角度を調整し、ベルト幅のテンションを増減することで、ベルトのトラッキングを補助するよう設計されています。 ISPはBelt Technologies独自の製品です。

詳細。





フリクションドライブプーリ

これらのプーリは通常平坦でタイミング要素はありません。 またクラウンプーリは金属ベルトとの使用に適さないため、これらのプーリはステンレススチールコンベヤの標準タイプにです。 フリクションドライブプーリはトラッキングを容易にし、全体の重量とコストを軽減するため、細い形状に設計されています。

詳細。





タイミングプーリ

タイミングプーリはプーリ本体の外側円周に歯やポケットを装備するよう設計されます。 これらの特別設計の付属品はベルトのタイミングホールとかみ合うことで、特定の搬送タイミングペースを実現します。

詳細。





金属コンベヤベルトのカスタム設計と技術サービス

従来のコンベヤタイプと違い、金属ベルトはプーリ径とベルトの厚さの間に特定の比率を持つよう設計されます。 ベルトにおけるプーリの構成も考慮しなければなりません。 逆曲がりや不適切な径の比率など望ましくない設計はベルトの寿命を縮め、完全性を損ないます。 Belt Technologies のエンジニアは理想的なプーリースタイルの選択や最適なオートメーションシステムの設計などあらゆるコンベヤシステムの側面で支援を提供できる専門家です。

金属ベルトシステムの寿命を延長し、最適な効率を得るには、本日Belt Technologies にお問い合わせください。





金属ベルトコンベヤプーリはオートメーションシステムにどのようなメリットがあるでしょうか?