プラスチックペレット押出装置用のソリッド金属ベルト

Sep 20, 2018 | ケーススタディ

Belt Technologies は最近、レクリエーションと自動車部品用のプラスチックペレットを製造するお客様からお問い合わせをいただきました。 ペレットは高温の溶解プラスチックをコンベヤベルトに押し出し、冷却する間、次の生産工程に搬送することで製造されます。

元のコンベヤシステムは押し出された樹脂ペレットを基本的な金属メッシュベルトにより搬送していました。 あいにく金属メッシュベルトの表面はプレスチックの冷却中、望ましくない痕跡を残しました。 お客様はシステムの取り扱い方法を改善するソリューションを求めてBelt Technologiesの専門家にご相談されました。

金属メッシュコンベヤベルトを取り替える

お客様は新しいコンベヤに投資する前にコンセプトを証明する必要があったため、既存のコンベヤシステムに設置できるベルトを設計しました。 Belt Technologies はこのようなお客様のご依頼に経験があり、納得できる解決案としてのベルト取り替えについて助言することができます。 弊社チームはお客様の施設を訪れ、システムを検証し、コンベヤベルト取り替えの可能性を確認しました。 弊社 の専門家は、金属メッシュベルトの交換にはプーリーが小さすぎるため、ドライブプーリーを交換する必要があると判断しました。 またシステムのサイズ制限のため、新しいベルトは溶接後に設置する代わりに、設置場所で溶接する必要がありました。

プラスチックは500°F~600°Fの温度でベルト上に押し出されます。 ベルトは高温に耐えなければなりません。 ステンレススチールの独自の特性は、弊社のエンドレス金属コンベヤベルトを高温用途に理想的にします。 ステンレススチールは極端な高温に抵抗性があり、長期間の露出にも変形しないため従来のベルト素材より長い耐用期間を有します。

高い製品品質と処理能力を達成

Belt Technologies のエンドレス金属コンベヤベルトのフラットな不浸透性表面は滑らかな製品仕上げを必要とする用途に最適なオプションです。 ベルトはリンクやチェーンが連続する金属メッシュベルトと違って平坦なステンレス鋼板により製作されます。 弊社はステンレススチールを連続的な帯状に溶接することでエンドレス金属ベルトを製作します。 この溶接はシームレスで信じがたいほど強靭です-薄いステンレススチールベルトに完璧な溶接を行うことは弊社が得意とするところです。

新しいベルトは溶接後に設置する代わりに、既存システムの設置場所で溶接する必要がありました。 弊社チームは必要に応じて現場で溶接する能力があります。しかしお客様は設置を完了するために、システム全体をBelt Technologies に運搬しました。 Belt Technologiesが設置した新しいスムーズな金属ベルトにより、お客様は予想通りの完璧な結果を得ることができました。

エンドレスステンレススチールベルトによる製品取扱いの改善の詳細については、 本日、Belt Technologiesの専門家にお問い合わせください.

金属製ベルトのデザインガイドと技術者向け資料

ダウンロード
Request A Quote