Belt Technologiesは、食品加工設備を専門とするOEMの自動スパイラル型ドラムフリーザーにステンレススチールコンベヤベルトを製作しました。 最近、食品産業のお客様から衣付き冷凍肉用に設計されたシステムにステンレススチールのコンベヤベルトを設計・製作してほしいと依頼されました。 お客様のエンジニアは、中実金属ベルト上にスパイラル型ドラム冷凍装置を配置し、その上で製品を搬送する方法を考えていました。

金属ベルトは実質的にいかなる食品用途に理想的です。

中実金属コンベヤベルトは以下の用途に理想的です。 オートメーション食品加工用途 アウトガスを生じず、その他のベルト材料のように潤滑を必要としません、食品の味や品質を損なうリスクもありません。 また金属ベルトは摩耗したり、食品を汚染し、消費者に有害になるような粒子を発生することはありません。 平坦で無穴表面のステンレススチールは、細菌を吸収せず、薬品スプレー、圧力洗浄、高圧蒸気などで簡単に清掃できます。 さらに、金属ベルトは極端な温度にも抵抗性が強いため、食品加工中に行われる様々な 調理方法冷凍 プロセスにも耐久力を示します。

凍結温度に最高な機能を維持

この食品加工用に、お客様は 幅24インチ(約61cm)、厚さ0.5インチ(1.27cm)の加工肉の冷凍に使用されるシステムを改善されていました。 肉製品は凍結ドラムとベルト間で高速で圧縮されます。 スパイラル型凍結ドラムへの変更は、元の処理スピードの10倍の速度でスループットを増加すると予測されました。

お客様のエンジニアチームは当初、-40℉(-40℃)以下の作動条件にシームレスな金属ベルトがどのように反応するかという疑問を抱いていました。 最初のプロトタイプはテフロンベルトでしたが、お客様はこの材料は必要な凍結状態に適さないことをご存知でした。 Belt Technologiesは以下を含む多様な冷凍用途に使用される金属ベルトをご用意しました。 医薬産業用の極低温プロセス. Belt Technologies チームの経験豊富なメンバーが現場に出向き、お客様のプロトタイプを調査しました。 プロトタイプの調査後、当社のエンジニアは極端な温度に高い抵抗性を示すステンレススチールベルトが最適な材料オプションであることをお客様に保証しました。

Belt Techniciansはお客様の技術チャレンジを解決します。

お客様が当社のエンジニアに説明された新システム は、独自のチャレンジを抱えていました:テンションをどのように追跡し、多数の折れ曲がりを含む複雑なベルトの流れを中実の金属ベルトがどのように製品を搬送するのか? 最初の設計は継ぎ目のないエンドレスベルトでしたが、この種類のベルトはこのシステムに合わないことが間もなく分かりました。 Belt Technologiesは中心軸があるカスタムのピアノヒンジソリューションを提案しました。 この中実の金属ベルトとピアノヒンジ終端という独自のコンビネーションは清掃が簡単で機械に設置しやすいという利点があります。

お客様はこのソリューションとBelt Technologiesの技術チームが提供した細心のサポートに大変満足されました。 オートメーション食品加工の問題をお持ちでしたら、 本日、Belt Technologiesの専門家にお問い合わせください.