最近の食品加工産業は、多数の製品リコールに見舞われています。 リコールの中には点検不備の設備から広がった細菌汚染もありましたが、その他のリコールでは 設備の欠陥により製品が汚染されています。.

製品リコールは製造者にとって非常に大きな損失です。 汚染材料をリコールする財政負担、製品損失による不要な廃棄、消費者を影響する潜在的なリスクなど、オートメーション食品加工システムには最も厳格な安全標準が必要とされます。 プラスチック、ゴムコンベヤベルトなどの低質な設備材料は製品品質に不要なリスクを招くことがあります。 劣化と使用の反復から、 摩耗が生じ、食品を直接汚染する粒子を発生することがあります。 また食品の味を影響するガスの発生、「アウトガス」を起こすことがあります。 さらにゴムとプラスチックベルトは物理的なダメージに影響されやすく、小穴、くぼみ、割れ目などが生じ、化学薬品、アレルゲン、病原体がたまることがあります。

ステンレススチールは、食品加工用途に最適です。

食品グレードのステンレススチールコンベヤベルト

エンドレス金属ベルトの平坦で無孔質の表面は細菌を吸収しません。

中実のステンレススチールコンベヤシステムは、長い寿命を持ち、正確で反復可能という食品加工システムにピッタリの材料です。 金属コンベヤベルトは、潤滑を必要とせず、アウトガスを生じず、製品の味を影響するリスクもありません。 また摩耗したり食品を汚染したり、消費者を危険にさらす粒子を発生しません。

ステンレススチールベルトなら、清潔さと衛生面の標準を維持することが簡単です。 中実の無孔性表面のエンドレス金属ベルトは、細菌に耐性を示し、食品素材の搬送にクリーンな表面を提供します。 ステンレススチールコンベヤシステムは高温や腐食に耐久性があるため、塩素洗浄、高圧蒸気、高圧洗浄、その他のいかなる洗浄方法でも簡単に清掃できます。 Belt Technologiesのステンレススチールコンベヤシステム は簡単にアクセスできるように設計されているため、メンテナンスや清掃作業の際、時間を節約できます。

最適な生産スループットと効率性

ステンレススチール食品加工システムの設計と構造は多岐にわたります。 効率や製品品質を向上するために、非付着性表面コーティングやパーフォレーションを施すこともできます。 コンベヤベルトに付属品を装備し、高精度の位置割り出しを実施できます。 全てのステンレススチールベルトは、耐熱性と耐腐食性という2つの利点があり、長寿命、安全性、信頼性を確保します。

またステンレススチールをオートメーション食品加工システムに導入することで、衛生、効率性、信頼性のある製品品質を実現できます。 当社の技術者は、いかなる既存のオートメーション食品加工システムにも金属ベルトを容易に設計し、取り付けることができます。 お客様独自の食品加工用途に、カスタムのステンレススチールコンベヤシステムを設計・製造し、 お取り付けします。. アイスクリームから冷凍ピザなどの 冷凍食品 から、生肉の調理までステンレススチールコンベヤベルトは食品の調理、冷凍、取扱いに優れています。

オートメーション食品加工システムに問題をお持ちですか? 私たちがご支援いたします。 本日、Belt Technologiesの専門家までお問い合わせください。