ステンレススチールコンベヤベルト、ドライブテープ、タイミングベルトは今日のオートメーションテクノロジーで最も革新が進んでいる分野です。 多用途で耐久性のあるステンレススチールは多様な産業で理想的な素材になりました。 ステンレススチール製のベルトとドライブテープは、広範囲の操作条件と取扱い要件に簡単にカスタマイズ可能です。 この素材は極端な温度、重い負荷、腐食性の化学薬品に対して反りや破砕を生じず、位置精度を損ないません。 最先端のオートメーションテクノロジーにおいてステンレススチールコンベヤベルト、ドライブテープ、タイミングベルトのこれらの特性は大変有利です。

3Dプリンター用途の拡大


33Dプリンターテクノロジーは急速に製造業界の主流になりつつあります。 3Dプリンターには多くのサイズと能力があります。家庭で使用できる小型のデスクトップモデルから橋やボートなど複雑な設備を製作する産業モデルまで存在します。 Belt Technologies エンジニアは3DプリンターOEMのお客様に 印刷を可能にするステンレススチール印刷ベルトやドライブテープ、設計フィードバックおよびサポートをお届けしました。

当社チームは、この急成長を遂げる産業の限界を押し広げる多様な3次元印刷プロジェクトに取り組みました。 例として、あるメーカーはポータブルなデスクトップモデルの3Dプリンターの設計に取り組んでいました。 Belt Technologiesはこのお客様のために小さなプーリーを含んだミニチュア印刷ベルトを設計・製作しました。 当社チームはこのような小さなスケールのプリンターヘッドとベルトを製作する独自のチャレンジを受けて立ちました。

また私たちは大型の3Dプリンターの設計・製作も支援しました。 最近、あるお客様は産業機械製造用の巨大な機械にベルトを必要としました。 この3Dプリンターは、材質を配置するために横に動くプリンターヘッドの代わりに、静的なプリンターヘッドと印刷される物体の周囲を移動するベルトを使用するよう設計されました。 印刷される物体サイズのためベルトはかなりの摩擦負荷を受け、 低質なベルトの素材は簡単に損傷を受け、寿命が短くなります。 Belt Technologies エンジニアは、ベルトの寿命を延長し、生産量を上げるために内径に 摩擦低減被膜を施した ステンレススチールベルトをお客様にお届けしました。

ステンレススチール製の自動化ロボットアームがロボット工学用途に


もたらす利点私たちが「将来のテクノロジー」について考える時、最初に思い浮かべるのはロボットです。 もちろんSFで見るようなロボット製作にはあと暫くかかりますが、多数の産業がすでに日々の操業にロボット工学を使用しています。 ロボット組立ラインは敏感な電子製品、医療機器、その他の絶対精度を必要とする製品の生産に日常的に使用されるオートメーションツールです。

Belt Technologiesのエンジニアは、半導体ウェハ―やワクチンなどの製品を安全に取扱う設備の設計と生産のために複数のロボット工学オートメーションOEMのお客様と 取り組みました。 ステンレススチールドライブテープはこれらの用途に理想的です。 素材の非伸縮性のため、繰返し精度のあるモーションプロファイルを実現します。 ステンレススチールドライブテープのロボットアームは1サイクルの可動域に何の変化もなく数千回作動します。 また清掃が簡単で潤滑を必要とせず、粒子を発生しないため、ロボットテクノロジーが必要とされるクリーンルームや真空空間などの殺菌環境に理想的です。

ステンレススチールの独自の特性が効果を発揮できる革新的なオートメーション環境で何か問題をお持ちですか? 詳しい情報については、本日、Belt Technologiesの専門家に お問い合わせください。