多くの製造会社は金属の生来の性質を利用するためにステンレススチール製のコンベヤベルトを選択していますこれらのベルトは強靭性と多目的性のために過酷な環境や稼働条件に理想的です。ステンレススチールと多くの合金の物理的性質は搬送以外の目的にも活用できます。この記事では多くの産業がこれらの金属の性質を生かして生産効率を改善する方法に注目しました。

極端に高温または低温の用途にコンベヤシステムを最適化

ステンレススチールは優れた熱伝導率により、極端な温度や急速な温度変動に耐えます。ステンレススチールコンベヤべルトは極端な温度下で製品を確実に搬送するだけではなく、熱エネルギーを均一に伝達します。食品加工用途ではステンレススチールコンベヤベルトは食品の調理または冷凍に使用され、生産高の増加や高品質に貢献するシンプルで効率的なシステム設計を可能にしています

押出プラスチックとその他の製品に高品質を実現

滑らかで熱抵抗性の表面を持つステンレススチールは鋳造熱可塑性プラスチックに最適ですステンレススチールには冷却中に製品表面を影響する望ましくないテクスチャはありません。ワイヤーメッシュ、ゴム、プラスチックなどのその他のベルト材質継ぎ目やその他の表面の欠陥が製品に痕跡を残します。これらの痕跡は不良率を増加します。ステンレススチールは物理的な損害に対し強い抵抗性を示し、押出材料に痕跡を残すような凸凹やキズが存在しません。熱に対しても高い抵抗性を有するため、高温の押出製品にも影響されず、ベルトの耐用期間中、形状と位置精度を維持します。

簡単な清掃と衛生的な表面でクリーンルーム使用条件を維持

清潔さが主な懸案であるとき、金属ベルトは理想的な選択です。ゴム、プラスチック、ワイヤーメッシュは望ましくないにおい、微粒子、細菌で製品を汚染するおそれがあります。ステンレススチールは有害な微生物が浸透しにくく、高圧洗浄、高圧蒸気、化学溶剤など様々な方法で比較的簡単に清掃できます。またステンレススチールコンベヤベルトは微粒子を発生せず、ガスを放出せず、潤滑を必要としません。クリーンルーム環境の維持に効果的で、真空蒸着など分子レベルの汚染防止が必要な用途に使用できます

カスタム自動ソリューションに経験を有するエンジニアと取り組むことで、ステンレススチールベルトの多目的性と耐久性を最大限ご利用いただけます。効率性を最大化するには、本日、Belt Technologiesにお問い合わせください