自動化されたメッキ装置用ステンレススチールコンベヤベルト


メッキ は製品表面に素材の薄膜を被膜するプロセスです。 通常メッキには金、胴、ニッケル、銀、亜鉛などの種類があります。 メッキには摩擦の低減や対摩耗性の改善、塗料接着、伝導性などさまざまな効果があります。 自動化されたメッキ用途では、垂直のコンベヤベルトカルーセルが製品を自由に吊り下げられるドリップラインを構成するために使用されます。 ドリップラインはメッキされたばかりの表面を傷づけないため便利です。

確実なメッキ処理を実行する耐久性の高いステンレススチール


自動化された組立用金属タイミングベルトメッキプロセスの前に表面にメッキ素材が適切に付着するように製品に準備を行う必要があります。 この準備には製品からその他のコーティング、塗料、錆、腐食などを物理的、化学的に除去する作業を含みます。 自動化メッキ処理会社は強い化学薬品や高圧洗浄に耐えるコンベヤベルトを必要とします。 粒子やごみはメッキの仕上がりに悪影響を及ぼすため、ベルトは清潔な環境で動作する必要があります。

ステンレススチールコンベヤベルトは衝撃や化学的な腐食に強い抵抗性を示します。 304 FHと316 FH等級のステンレススチール合金は、その耐薬品性のために腐食性化合物を使用する用途に頻繁に選択されます。 ステンレススチールで製作されたコンベヤベルトは潤滑を必要とせず、粒子を生じないため、滑らかで均等な製品仕上がりを必要とする用途に理想的です。 またステンレススチールの高い比強度は、重量のある高い密度の製品を反りや破砕を起こさずに搬送します。

高精度のカスタムパーフォレーションが製品を正確に配置


メッキのドリップラインの一般的な設計はパーフォレーション加工のベルトが付いた垂直のカルーセル方式で、時折お客様からメッキ工程中搬送される製品を吊り下げるクリップを提供されます。 Belt Technologiesは、 お客様の仕様を満たす カスタムパーフォレーション付きスチールベルトを提供します。 またはお客様の特定ニーズに従って最適なパーフォレーションパターン作成にアドバイスを提供します。 Belt Technologiesは標準メッキ工程で高精度を達成するためにパーフォレーション加工のタイミングベルトと駆動ベルトの寸法公差を確認します。 ステンレススチールベルトは正確で繰返し精度のある生産を可能にし、高いレベルの位置精度と生産性を実現します。

専門的な技術サポート


Belt Technologiesのエンジニアはパーフォレーションパターン、ピッチ間の公差、総合的なベルトシステムの設計等の技術サポートを提供します。 当社チームはお客様のシステムの総合的な精度を改善し、繰返し精度のある均等な被膜形成を確保します。 ステンレススチールベルトがお客様の自動化メッキ装置にどのような効果をもたらすかについては、 本日弊社にお問い合わせください



金属ベルトはお客様の自動化システムにどのようにお役に立てるでしょうか?

  • 金属製ベルトのデザインガイドと技術者向け資料

    ダウンロード

    スチールベルトの専門家

    お見積もり依頼